写真 :Getty Images

補強なしシーズンの本当の問題点

試合がなくて暇なのでこんなテーマを考えてみました。

終盤のマンネリ化

補強なし、ホームなしと開幕前からネガティブな話題で持ちきりだったスパーズは蓋を開けてみれば30試合終了時点で3位につけていて、チャンピオンズリーグもベスト8まで進出しています。もちろん最終的な評価はシーズンが終わるまで下せないけれど、周囲の予想を覆す結果をここまでは出せています。

今シーズンは例年以上にけが人が多くて、ここまでフルスカッドが揃ったことはなかったんじゃないでしょうか。この代表ウィークでまたダイアーが怪我をしたようですし、最後まで誰かがいない中で戦うことになりそうです。シーズン前の補強はなく、デンベレやエンクドゥといった選手の放出があったため、半ば戦力外だったヤンセンを登録メンバーに加えざるを得ない状況で、開幕前からみても実質の戦力減で最終盤を迎えています。

そもそも去年や一昨年あたりから、スタメンとサブの力の差はわかっていたことで、彼らが出場できない状態になったり、調子を落とすと苦しくなるのは目に見えていたことです。それでも補強がなかったのは、まあ資金面の問題も大きいのでしょうが、既存の戦力のブレイクに期待したからでしょう。特にワールドカップで無駄に株をあげてしまったトリッピアを始め、2年目のモウラとオーリエとサンチェスあたりに。

結局みんな期待はずれで4位以内を狙うチームのスタメンレベルには仕上がっていません。ルーカス・モウラも序盤だけでした。ボランチが壊滅したおかげでシソコが想定外の覚醒をみせ、ウィンクスも十分な戦力として計算できるようになりました。それからガッサニーガとフォイスも期待以上ですが、戦力外からベンチに昇格した程度。結局スタメンを脅かすことはできていないのが現状です。

終盤に強かったはずのスパーズが3月に入ってから全く良くなってこないのは、いつものメンバーに頼るほかない戦力層が故でしょう。今年はこれまでよりメンバーを入れ替えつつやってきたために、あまり戦術的に深まってもいません。確かに完成度の高いチームだと思ってはきたけれど、どんなチームにも活性化は必要だといういい勉強になりました。



1/2 ページ


転載元:
http://spursnavi.com/column-055/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。