写真 :Getty Images

ロジャーズが獲得した選手たち②

Writerとたん

ブレンダン・ロジャーズがレスター・シティの監督に就任し、2015年にリバプールを離れて以来のプレミアリーグ復帰を果たしました。それを記念して、ロジャーズがリバプールに連れて来た選手たちについて、①~④にまとめて紹介。

今回は、ボリーニからアスパスまでの9人を紹介した第1弾に続いて第2弾となります。
第1弾についてはこちらから → ロジャーズが獲得した選手たち①

第2弾では10人目の補強となった選手から紹介。(年齢は2019年3月12日時点)

 

シモン・ミニョレ

  • 生年月日:1988年3月6日
  • 年齢:31歳
  • ポジション:GK
  • 代表歴:ベルギー代表

2013-14シーズンにサンダーランドから加入。デビュー戦となった開幕節ストーク・シティ戦、決められれば同点という終了間際のPKをセーブし、ファンのお気に入りに。

2017-18シーズン途中、クロップがリーグ戦とカップ戦でGKを使い分ける事について意見したという報道が出回り、その直後からカリウスにポジションを奪われる。アリソン加入後も控えGKとなっているが、チームメイトの誕生日や試合結果について勝敗問わず誰より早くSNSでコメントする等、今でもファンからの人気は高い。

 

コロ・トゥーレ

  • 生年月日:1981年3月19日
  • 年齢:37歳
  • ポジション:DF(引退)
  • 代表歴:元コートジボワール代表

2013-14シーズンにマンチェスター・シティから加入。明るいキャラクターで直ぐに選手とファンから愛される存在になる。2015-16シーズン終了後にリバプールを退団し、ロジャーズ率いるセルティックに加入。同シーズン限りで引退しセルティックのコーチに就任。ロジャーズのレスター・シティ監督就任に伴い、自身もレスター・シティのコーチに就任。

 

アリ・シソコ

  • 生年月日:1987年9月15日
  • 年齢:31歳
  • ポジション:DF
  • 代表歴:元フランス代表

2013-14シーズンにローン契約でバレンシアから加入。加入直後に全治1ヶ月以上の怪我を負う。左サイドバック1番手のホセ・エンリケの負傷離脱により、不安定なパフォーマンスながらも出場機会を得ていたが、シーズン半ばから終盤にかけては本来右サイドマックのフラナガンやグレン・ジョンソンが優先して使われ始め、買い取りは実現せず。シーズン終了後にバレンシアに復帰、現在はシュペル・リグ(トルコ1部)のイェニ・マラティヤスポルに所属。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。