写真 :Getty Images

翻弄されたレアル・マドリード 翻弄したタディッチ

ホームチームがあれだけ脆くなるのかという衝撃も混ざったが、アヤックスのアタッキングフットボールが真っ向勝負でレアル・マドリード相手に立ち向かった結果なんだろうとも思い始めた。決めるところで決めていればレアル・マドリードが試合を終わらせていたかもしれないし、不運もあったため結果以上の内容ではなかったかもしれない。ただ1人だけピッチでの存在感が異常で、実力を思う存分発揮した30歳のアタッカーがタディッチだった。

ゼロトップとして再境地

サウサンプトン、更に前に所属していたトゥエンテでも基本のプレーエリアはウイングポジション。アヤックスでもフンテラールやドルベリが出場する場合は、ウイング、もしくはトップ下での出場が多いものの、チャンピオンズリーググループリーグのバイエルンとの2戦や、先日行われたレアル・マドリードとの1stレグのように、格上のチームとの試合の場合は、ワントップの位置に入ることが多い。だが、ストライカーのようにDFラインとの駆け引きや、クロスに迫力ある飛び込みをするのではなく、サイドに流れたり、ポジション関係なくフラフラしてボールを受ける。そうしてチームのポジションチェンジを促進し、攻撃的なフットボールを組み立てる。

自陣では難しいことはしない。サポートが入れば積極的に使う

前半の開始から15分あたりまでは押し込まれる展開が多かった中で、タディッチは守備ブロックに吸収されることなく、攻め残りをしていた。そしてボールがアヤックスの選手に渡ると、センターバックから逃げるようにサイドに開き、ボールを受ける。もともとウインガーなのでサイドでの受け方はもちろんよく、ボールキープ力も高い。確実に攻撃の時間を作るためのボールキープをしていた。

タディッチは決して難しいことはしない。タディッチに預けて攻撃に参加してくるネレスやジーエフといった生きのいいテクニシャンや推進力のあるファンデベークの動き出しを利用し、簡単にパスをはたいていた。タディッチのところで取られてしまったらレアル・マドリードの二次攻撃が始まるので、もともこもない。戦力的に優位を保つことが難しいチームは前線でどれだけ時間を作れるかが大切。その任務がきっちりと遂行できていたのはベテランらしい試合を読む力と落ち着きだろう。

タディッチは待ち続けることができる

この試合、タディッチが相手のミスを見逃さずにボールを奪い、タディッチのアシストからジーエフが決めて、アヤックスが先制する。このシーンでもタディッチはジーエフの攻撃参加を待ち続けて、あとはシュートをするだけの状況が作られてからパスを出した。ここでも無理に仕掛けて自分からシュートを打つのではなく、よりよい状況にある味方を選択し、その状況が生まれるまで待つことができていた。

狙いはいつもゴールに直結するかどうか

前半に生まれた2点目をはじめ、後半に訪れたビッグチャンスもほとんどタディッチが起点だった。まずは2点目、カゼミロを軽やかに交わすと、背後を走っていたネレスにスルーパス。このシーンでもネレスができるだけゴールに近くなるまで待ち続け、丁寧なスルーパスを送った。

後半開始直後のファンデベークの決定機を演出したプレーも、相手に飛び込ませない間合いを作りつつ、ファンデベークがスピードに乗ってDFラインを突破するまで待ち続ける。そして身体を少し後ろ向きにさせて、DFラインの意識も前方に向かせ、背後のスペース管理をおろそかにさせる。スルーパスもカゼミロの股を通しているあたりが、策略として考えていたことが伺える。

60分近くのマズラウィに対してのスルーパスも似たような狙いだ。トップスピードになってDFラインを突破するまで待ち、ゴールに直結するスルーパスを送っている。

DFラインの背後を狙う



1/2 ページ


転載元:
https://note.mu/mukielesta/n/n15363f1f0ded

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。