写真 :Getty Images

バルセロナ中盤の最適解【後編】

さて、バルセロナ中盤の最適解【前編】の続きです。やっていきましょう。

基本的には、前編を読んで頂いたという前提で話を進めていきます。とは言いつつも、簡単におさらいしてから始めることにしましょう!

★「バルセロナ中盤の最適解【前編】」のおさらい

・結論→バルセロナの現状のメンバーで中盤3枚の最適解はこの形 [図1]

  • ピポーテ→ブスケツ
  • 右インテリオール→ラキティッチ
  • 左インテリオール→アルトゥール

私の意見→アルトゥールがいて、ピポーテの位置にブスケツかラキティッチがいればもう一人はある程度替えが効く。この形が試合をしっかり戦うための必要条件↓↓[図2]

アルトゥール+ブスケツorラキティッチ+もう一人

今回の後編記事では、この「もう一人」の部分や、来夏加入が決まっているフレンキー・デ・ヨング(21)、期待のカンテラーノ、リキ・プッチ(19)らも含めた構成を考えていきましょう。という話でした。

それではいきましょう。今回はあまり長くなりすぎないようにしますね!(笑)

★ 中盤の最適解を探す

選手一覧

  • ブスケツ(30)
  • ラキティッチ(30)
  • アルトゥール(22)
  • ビダル(31)
  • アレニャー(21)
  • セルジ・ロベルト(27)
  • コウチーニョ(26)

  • フレンキー・デ・ヨング(21)
  • リキ・プッチ(19)

 

○ 今季残りの戦い(構成)を考える

まずは、今季残りの試合に限定して考えます。とりあえずデ・ヨング、プッチは入れません。分かりやすくするため、今回はとりあえず

  • 攻撃力
  • アタッキングサードでのボール扱い
  • 守備の強度
  • 運動量
  • ビルドアップ能力
  • メッシとの関係

の6項目を◎○△の3段階に分けて評価しています。もちろんサッカーにはこれ以外にもたくさんの要素がありますが、全てやるとキリが無くなってしまうので。



1/3 ページ


転載元:
http://gachabarcelona.com/midfielder2/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。