写真 :Getty Images

バルセロナ中盤の最適解【前編】

クラシコ2連戦が終わり、選手、ファンのどちらにとっても束の間の休息というところでしょう。週中にスーペルコパ・カタルーニャのジローナ戦はありますが。

バルセロナはリヨン、セビージャ、レアル・マドリード×2と続いたアウェー4連戦で3勝1分。リヨン戦の引き分けは内容的にも少し残念でしたが、それ以外は立派な成績です。リーガは残り12試合で首位(2位アトレティコ・マドリードとは勝ち点差7、3位レアル・マドリードとは勝ち点差12)、国王杯は5月25日の決勝戦を残すのみ。ここからのシーズン終盤戦はチャンピオンズリーグを最優先に考えられる状況です。

さて今回は、これまでにも当ブログで何度か触れてきた“中盤の最適解”についての考察です。

便宜上、“最適解”という表現をしていますが、要するに「中盤の“最適な組み合わせ”を考えていこう」という記事です。軽い気持ちで読んで下さい。

それではいきましょう。

★ まず始めに結論から

  • ピポーテ → ブスケツ
  • 右インテリオール → ラキティッチ
  • 左インテリオール → アルトゥール

誰がどう見ても、この3枚の組み合わせが最もしっくりくる形だと思います。ポゼッション面で安定感があり、ネガティブ・トランジション(攻→守の切り替え)も早い。

間違いなくこれですよね。(笑)

ただ、このままだと記事が終わってしまうので、今回は他の組み合わせも考えていきましょう。

まず、私が当ブログを通して言い続けている中盤の構成は

アルトゥール + ブスケツ or ラキティッチは絶対 + もう一人

です。

これは最適解というか、試合をしっかり戦うための必要条件といったところでしょうか。アルトゥールがいて、ピポーテの位置にブスケツかラキティッチがいればもう一人はある程度替えが効く。私はそう考えています。

もう一度言います。“アルトゥール + ブスケツ or ラキティッチ + もう一人”です。詳しい理由は後述していきます。このポイントを頭に入れながら読み進めて頂ければと思います。

まずは状況を整理するために、今季ここまでの中盤の構成を振り返っていきましょう。



1/4 ページ


転載元:
http://gachabarcelona.com/midfielder/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。