写真 :Getty Images

バロテッリは元気です

少し懐かしい選手のお話を。今さら思い出させてくれんな!と思う人もいるかもしれません。

マリオ・バロテッリ

リヴァプール時代はからっきし。その後、イタリアやフランスで一時的に輝いたりするものの、全体的にはグズグズで、「才能は本物」の「は」が「は」のまま現在に至るワケです。この冬、マルセイユに移籍した28歳のスター候補生。新天地では、今のところ順調みたいです。

マルセイユ加入後、4戦3発と好調なバロテッリ。指揮官が彼を称賛する、こんな記事がありました。

マルセイユ指揮官がバロテッリをべた褒め「トッティを思い出させるような戦術眼」

せ、戦術眼!?

フィジカル最強、テクニックも抜群。そこに戦術眼が加わったら最強じゃないですか。あとは走るようになれば完璧。

なになに・・・

バロテッリはチームと上手く連携してプレーしている。

連携ねえ・・・リヴァプールでもうっすらとやろうとしてた気配はあったけど。

ボールをキープしてくれるし、素晴らしい戦術眼を持っていて、チームメイトにパスを供給する能力を見ると、フランチェスコ・トッティのプレーを想起させるものが少しある。

キープしてくれったっけな・・・割と電柱系だった記憶。。

で、問題の戦術眼ね。パスもそんなに上手かったっけ?

しかもよりによってトッティ!バロちゃんはトッティとは色々あったでしょーが!ピルロとかにしてあげて!ピルロは好きっぽい!

若干、発言が香ばしい監督のようですが・・・

彼は良いチームメイトになると分かっていたし、来る前から確信していた。彼は全員と打ち解けているよ。マリオとはすべてが上手く行っている。彼自身も幸せに感じているようだ

理解はあるみたいです。



1/2 ページ


転載元:
https://my-ynwa.red/recent-balotelli/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。