写真 :Getty Images

コパ・アメリカへ向け、アジア杯で見えた日本代表の強みと特徴・弱点・改善点

アジアカップを準優勝という結果で終えた日本代表ですが、2019年はより強力な相手と対戦できるコパ・アメリカ2019に招待国として出場します。そこで今回はアジアカップで見えた日本代表の強み・特徴・弱点を分析しようと思います。

森保ジャパンの現時点の強み

  • 吉田麻也・冨安健洋のセンターバック
  • 柴崎岳のゲームコントロール
  • 日本代表の絶対的エース大迫勇也
  • 南野拓実・堂安律の突破力

吉田・冨安のセンターバックコンビ

吉田・冨安というセンターバックコンビは長らく議論されてきた吉田麻也の相棒は誰?という問いに結論をだすこととなりました。南アフリカワールドカップで中澤・闘莉王のセンターバックコンビが日本代表に安定をもたらしたように、センターバックコンビの存在は強豪国との戦いにおいて大きな強みとなります。まだ20歳と若くしてヨーロッパの舞台で経験を積む冨安健洋選手は今後10年の日本代表のセンターバックを担う存在となるでしょう。

7番柴崎岳のゲームコントロール

背番号7を背負ってゲームをコントロールするというのはザックジャパン時代からの日本代表の特徴でしたが、遠藤保仁選手が代表から遠ざかってからは遠藤保仁の後継者は誰?という議論がされてきました。ゲームをコントロールできる柴崎岳選手のポジションが確立されたということはアジアカップでの戦いの日本代表の大きな収穫であったと思います。

大迫勇也という絶対的エースの誕生

ハリルジャパン時代からの香川、本田、岡崎などの日本代表を支えた選手の重要度が下がるにつれて日本代表にはエース不在ということが言われてきました。そんな日本代表においてアジアカップで絶対的エースの立場を確立したのが大迫勇也選手です。アジアカップにおいて大迫選手のいるときといないときの日本代表の攻撃力を見ればエースということが実感できたと思います。

南野拓実・堂安律などの突破力

日本代表には積極的に仕掛けチャンスを演出できる選手が不足していましたが南野拓実、堂安律選手などのテクニックはもはやアジアレベルではどうしようもないレベルに到達していました。普段からより強度の高いヨーロッパの舞台で鍛えられている突破力はコパ・アメリカでも日本代表の武器になるでしょう。



1/3 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2019/02/10/post-1168/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。