写真 :Getty Images

リーグ優勝から2年。当時のモナコの選手たちは今

Writerサッカークラフト編集部

フランス、リーグ・アンの下位に低迷するモナコは、シーズン途中に就任したアンリ監督をわずか3ヶ月で職務停止(事実上の解任)にし、アンリが指揮する以前の監督であったレオナルド・ジャルディム氏を再任させた。

モナコといえばコロンビア代表FWファルカオやロシアワールドカップでの母国の躍進の立役者であるロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンなど多数のタレントを揃えるフランス屈指のクラブであり、2016-17シーズンにはエムバペはじめ、若く将来有望なタレントたちを擁してパリ・サンジェルマンのリーグ5連覇を阻止して優勝。さらにチャンピオンズリーグベスト4と欧州の舞台でも旋風を巻き起こした。ただ、その後はビッグクラブの草刈り場として有望なタレントたちが流出。

あれから2年が経ち今や残留争いに巻き込まれているモナコであるが、2016-17シーズンのメンバーを今振り返ってみるとすごいメンバーたちが揃っているので紹介しよう。

 

キリアン・エムバペ(現パリ・サンジェルマン)

19歳にしてフランス代表の10番を背負いワールドカップ優勝へと導いた神童。モナコ在籍時には、17歳でアンリの持つクラブ最年少ゴール記録を破り、優勝した2016-17シーズンには18歳ながら公式戦44試合26ゴールをあげた。

2017年より1年間のレンタル移籍を経て、今夏にモナコからパリ・サンジェルマンへの完全移籍が成立。移籍金は1億8,000万ユーロ(約230億円)。



1/4 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。