写真 :Getty Images

仏2部からわずか2年半でプレミア制覇 アフリカ最恐ドリブラー

本名リヤド・マフレズ。細身ながらもスルスルと抜けていくドリブル、自らシュートコースを生み出し、右45度からゴールを決める。ボールを持っていて、前向きだろうが後ろ向きだろうが相手を一瞬で抜くこともできるテクニシャンだ。そんなマフレズはあのミラクルレスターで世界のサッカーファンに名を通したが、それまでのキャリアは決してエリートのような道のりではなかった。

フランスのサルセルという街でアルジェリア人の父とモロッコ人の母の下で生まれたマフレズ。幼少期はAASサルセルというクラブでサッカーを始める。決して恵まれてはいないグラウンドで毎週練習し、その後フランスのアマチュアクラブであるカンプールというクラブでプレーした。サルセルという街で育ったマフレズ。子どものころにアルジェリア人が経営する美容室に通っていたのだが、現在はプレミアリーグでの活躍により、マフレズに憧れる子どもたちがわざわざ遠いところから髪を切りにくるようになったようだ。いつの間にかマフレズは街のアイドルになっていた。

カンペール移籍後はBチームでプレーしていたが、そこではチームメイトであり、ポール・ポグバ(現マンチェスター・ユナイテッド)の兄であるマティアス・ポグバ(現トゥール)とルームメイトだったらしく、どうやらステーキとポテトをよく食べて、サッカー選手らしからぬ食生活であった。マフレズはカンプールで現在同様自慢のテクニックで翻弄し、宝石と称されていた。クラブの役員によると練習に訪れるマフレズは歯ブラシと歯磨き粉、そしてスパイクだけを持ち運んでいたというエピソードもある。

プレミアリーグでしのぎを削り合う2人。思わぬ縁があるプレーヤーであった。



1/4 ページ


転載元:
https://note.mu/mukielesta/n/nf5ed38242f7c

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。