写真 :Getty Images

ニューカッスルの最適な2トップとは

開幕当初の失態とは一体何だったのだろう。

昨シーズンの昇格1年目は独特の粘り強さでリーグ10位と躍進し、今シーズンはさらなる飛躍が期待された。特にセント・ジェームズ・パークでのパフォーマンスは非常に素晴らしく、昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシーはここで敗戦を喫している。

今シーズン、ケネディの再ローンも成功し、降格したWBA、スウォンジーからサロモン・ロンドン、キ・ソンヨン、マインツから武藤嘉紀を補強するなど、プレミアリーグ定着を狙い積極的なチーム強化を図った。

しかし、今シーズンは順風満帆なシーズンを送れていない。プレミアリーグ開幕10試合勝ち星なしという非常に苦しい立ち上がりとなった。10試合で6ゴールと得点力不足の指摘が多く、毎試合のように前線の配置をアップデートするベニテス氏には苦行の他ならなかった。

今回はこれまでのベニテス氏による試行錯誤を振り返り、今のニューカッスルに最適なFWの人選を紐解きたいと思う。



1/3 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/5636613

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。