写真 :Getty Images

アーノルド、ワイナルドゥムのケガの状況

ケガ人が止まらない

マティプが復帰し、ジョー・ゴメスもそろそろというタイミングでまたケガ人が増えてしまったようです。4週間の離脱と報じられているのがアレクサンダー=アーノルドで、前節のブライトン戦でアップ中にケガの情報がありましたが、痛みに耐えながら90分戦ったそうです。その影響で膝の靭帯を痛めてしまいました。

幸い手術の必要はないようですが、2〜4週間の離脱だと報じられています。ここで、改めてリバプールの日程を確認してみましょう。

1月20日 PL第23節:クリスタル・パレス

1月31日 PL第24節:レスター・シティ

2月5日 PL第25節:ウェストハム・ユナイテッド

2月10日 PL第26節:AFCボーンマス

2月20日 CL決勝トーナメント1回戦:バイエルン・ミュンヘン

4週間の離脱だとすれば、チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦に間に合うか微妙なところです。さらに、間に合ったとしても万全のコンディションに戻れているかも不安です。このゲームではすでにファン・ダイクの出場停止も決まっていますので、最終ラインは厳しいやりくりを強いられることになりそうです。週末の試合前のクロップの会見で詳しい情報が明かされると思いますが、あまり深刻なものではないといいのですが。



1/3 ページ


転載元:
https://bit.ly/2FEyULw

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。