写真 :Getty Images

リベリーの黄金ステーキ事件にみるスター選手の社会的影響力

現在ブンデスリーガはウィンターブレイクにつき試合は行われていない。FCバイエルンは例によってアラブ首長国連邦のドバイに滞在し、来週から始まる後半戦に向けてトレーニングを行なっている。真冬のドイツからいきなり夏みたいなドバイでトレーニングなど逆に体調を崩すのではないかと思うのだが、それは我々一般人が知らないビジネス戦略や政治的な決定があるのだろう。

それはさておき、そのドバイでFCバイエルン発の世間に物議を醸す事件が勃発した。今回の中心人物はベテランのフランス人選手フランク・リベリーである。

リベリーはドバイ滞在中にある高級レストランに招待され、その様子をインスタグラムに投稿した。そこでは金の衣を纏った巨大なトマホークステーキがリベリーの前に横たわっている。そしてそのステーキをサングラスをかけたコックが、これ見よがしの鮮やかな手つきで切り、お膳立てするというものだ。この黄金ステーキはおよそ1,200ユーロ(15万円)との事だ。

勿論リベリーにしてみれば、この動画を投稿したのはファンサービスの一環でもあるだろう。我々一般人がお目にかかれないような珍しく高級な料理を食せるのも、金持ちの特権である。リベリーはそのサッカーの才能と努力で世界トップクラスの選手にまでなった。その金を何に使い、何を食べようがそれは本人の自由だ。

しかし、そうは問屋が卸さない。当然の事ながらこのリベリーの黄金ステーキを批判する人間は多く存在する。とりわけ、リベリーの母国であるフランスからの批判が多かった。私はフランス語は理解できないので、具体的にどのような批判があったのかはわからないが、概ねどのような内容かは想像がつく。



1/4 ページ


転載元:
http://pomta.info/gold-steak-ribery/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。