写真 :Getty Images

【検証】マンチェスター・シティに発生している不思議な現象

今回はマンチェスター・シティの中で発生している不思議な現象についてご紹介したい。その現象とはマンチェスター・シティの失点において、12月から現在に至るまで特に顕著に現れている。

マンチェスター・シティは12月以降の8試合で12失点を喫しているのだ。プレミアリーグ開幕から11月末までは失点数たったの5点と堅実な守備が特徴ともされていたが、ここにきて崩される機会が増えている。これはトップ6の中でもアーセナルに次ぐワースト2位。あんなにDF補強で騒がれているマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルと12月以降は同レベルと言わざるを得ない。マンチェスター・シティは「1試合に1.5点のペース」で失点しているわけだが、特にクロスからの失点が50%と衝撃的な事実が発覚している。

【12/2 vs ボーンマウス (Home)】これも

【12/15 vs エヴァートン (Home)】これも

【12/27 vs レスター・シティ (Away)】これもこれも 失点シーンは1:40〜です。

年の瀬に向かう中でクロスの失点が散見されている。一体なぜなのか。その核心に迫った。



1/3 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/5549718

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。