写真 :Getty Images

森保監督はトッテナムの試合を見るべきだ

これまでになく楽しみな日本代表に

ロシアでの戦いが終わり、新監督が就任してから5戦無敗という結果。しかもこれまでになく良い試合内容でかなり期待されてアジアカップを迎えた。直前にこの大会の主役になるはずだった中島翔哉の離脱が発表された時はがっかりした人も多かっただろうけど、幸い左サイドには半年前まで不動の主力だった原口元気がいて、中島の代わりに追加招集されたのは乾貴士とチームの中で最も層の厚いポジションだ。期待値は高いままで開幕を迎える。

しかし初戦のトルクメニスタン戦は3−2と苦戦を強いられることに。もちろん負けそうな気配はあまりなかったし、ボールを保持していたのはほとんどの時間帯で日本代表だった。しかし明らかに苦戦していた。それはなぜか。完全に引きこもってきた5バックの守備を崩すことができなかったからだ。

ハリルホジッチが「デュエル」と「縦に速いサッカー」という日本サッカー流行語大賞を持ち込んでから、攻撃の軸は大迫勇也だ。外国の屈強なディフェンスにも対抗できるキープ力を生かし、まず大迫に当てて時間を作り、そこから2列目を絡ませてチャンスを作る。監督が変わってからもそれは変わらない。中島、堂安、南野と2列目は一新され、より2列目の創造性を生かすことを重視している。中島の不在により、左サイドからの仕掛けは少なくなってしまったがもちろんそれが攻撃を停滞させた原因ではない。



1/3 ページ


転載元:
http://spursnavi.com/column-048/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。