写真 :Getty Images

2018年に生まれた本田圭佑の10の名言

Writerサッカークラフト編集部

これまで数多くの名言を生み出し、私たちを楽しませてくれ、サッカー界だけでなく、経済界にも大きな影響力を示してきた元日本代表MF本田圭佑が2018年に生み出した名言を紹介。

2018年といえば、ロシアワールドカップが開催され、日本代表は大会前の予想を良い意味で裏切り16強という成績を残した。ただ、そこには紆余曲折の道のりがあり、本田圭佑自身も控え選手ながらチームの精神的支柱として、途中出場ながら4試合で1ゴール、1アシストの活躍で16強入りに貢献した。

大会終了後には、日本代表を引退し、選手としても引退の岐路に立っていたがオーストラリアAリーグに新たな活躍の場を求め、現役続行を決めた。そして私たちを最も驚かせたのが、現役選手でありながらカンボジア代表監督として、ナショナルチームの指揮を取るという前代未聞の活動を始めたことだ。

さらには、2018年の大晦日には、「お前ら全員愛してるぞ!w」のツイートがニュースになったことも記憶に新しい。

このように話題に事欠かず、常にその言動が注目される本田圭佑の2018年の発言(ツイート)をサッカー編、ビジネス編、自己啓発編の3部門に分けて紹介しよう。



1/4 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。