写真 :Getty Images

メッシ 〜21世紀の生ける伝説〜

Writerサッカークラフト編集部

5度のゴールデンシューと13年連続二桁得点

2017-18シーズンのヨーロッパ各国のリーグの選手のうち、シーズンで最も多くの得点を挙げた選手に与えられるゴールデンシューにバルセロナ所属のリオネル・メッシが輝き、自身5度目の栄誉となった。

バロンドールにおいては、クリスティアーノ・ロナウドとともに5回づつ受賞をしているが、ゴールデンシューは、クリスティアーノ・ロナウドよりも1回多い。

年々ゴールゲッターへと専念していくクリスティアーノ・ロナウドに比べ、メッシはサイド、中央、トップなど様々なポジションでチャンスメイカーとゴールゲッターとのマルチタスクをこなす中、ゴールデンシューを受賞し、まさにスーパーメッシである。

メッシが初めてゴールデンシューを受賞したのは2009-10シーズンで34得点。その後、ペップ・グアルディオラのもと驚異的得点能力を発揮し、2011-12シーズンには、50得点を挙げ、キャリアのピークを迎えていた。

そして、31歳になった現在も、その得点能力は健在で、今月9日の第15節エスパニョールとのバルセロナダービーでは圧巻の直接フリーキックで2得点を決め、リーガ・エスパニョーラ史上初のリーグ戦13年連続二桁得点を達成。これほどまでに長きにわたりチームの中心として世界トップレベルを維持し続け、一人二役、三役と多岐にわたる役割をこなして、さらにはゴールを決め続けるメッシは、まさに21世紀の生ける伝説だ。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。