写真 :Getty Images

ミラン復帰が噂されるイブラヒモビッチの華麗なる経歴

Writerサッカークラフト編集部

現在アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに、古巣であるACミランへの復帰の可能性が出てきた。ACミランにとっては、この稀代のストライカーを獲得することでシーズン後半戦での浮上の起爆剤にしたいところだ。

今回は、所属クラブで常にタイトルを獲得してきた優勝請負人の異名をもつイブラヒモビッチの華麗なる経歴を振り返ってみる。

イブラヒモビッチは、1999年にスウェーデンのマルメFFでプロのキャリアをスタートさせ、2年目には2部リーグながらレギュラーとして活躍し、チームの一部昇格に貢献。その活躍ぶりに一躍欧州のビッグクラブの注目の的となり、翌年には、10代では破格の移籍金(約10億円)でオランダのアヤックスへと移籍。ここから、イブラヒモビッチの常勝街道が始まる。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。