写真 :Getty Images

ユベントスの栄光を作り上げた選手たち

今回はユベントスの歴史や過去に活躍した選手を紹介していきます。ちょっと年代が偏っていますが、僕の記憶をもとに書いてますのでご了承ください。

セリエAの中でも名門中の名門クラブであるユベントス。今シーズンは世界トッププレイヤーであるクリスティアーノ・ロナウドを迎え、セリエAの8連覇及び96/97シーズン以来のチャンピオンズリーグ制覇を目指しているクラブです。

1887年のクラブ創設以降ユベントスはセリエAで34回の優勝を誇っており、ACミランやインテルに並ぶ欧州のビッグクラブとなっています。僕が海外サッカーに興味を持ち始めた時はセリエAの最盛期(2000年代)だったこともあって、ACミランやインテル同様に思い入れがあるクラブチームです。まあ、その当時はACミランが好きだったんで、ユベントスは”敵”っていう認識でしたけどねw

名門の失態

そして、衝撃的だったのは2006年5月に発覚した「カルチョ・スキャンダル」です。カルチョ・スキャンダルとはユベントス(やACミランやラツィオなども)による審判買収事件のことを指しています。自分達に有利な判定が出るようにユベントスのGMやCEOがイタリアサッカー協会や審判員に圧力や買収をかけたことによる八百長事件となってます。

このスキャンダルが発覚したことによってユベントスの04/05・05/06シーズンの優勝は剥奪、そして翌シーズンはセリエBへの降格、という重い処分が下されています。
創設から一度も降格したことがないクラブがセリエBへ降格することやイタリアサッカー界全体の腐敗が明るみに出たホントに大きな事件でした。(ユベントスがいなくなって「ラッキー」って思ってたら、ACミランも罰則を食らったっていうw)

そしてそこからイタリアサッカー界は衰退の一途をたどっていきます。当時は欧州サッカーといえば、プレミア・リーガ・セリエAっていうイメージが強かったですが、そこからブンデスリーガにその席を譲ることとなり、セリエAの人気はどんどん落ちていきました。2006年のW杯優勝やユベントスの1年での昇格などもありましたが、それでもスキャンダルのインパクトはそんなものを飲み込んでしまうぐらい衝撃的なものでした。

それでも現在はその後遺症もどんどんと薄れていき、ローマやラツィオ、ナポリの活躍などもあってセリエAは盛り上がってきています。(インテルやACミランの復活にも期待)そして、セリエAは弱小チームでも様々な戦術・戦略を駆使した戦いを披露してくれますから、ホントに見ていて面白いリーグだなと思っています。



1/7 ページ


転載元:
https://sakarevi.site/juventus-player/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。