写真 :Getty Images

Jリーグ外国人枠の拡大で得するクラブ、損するクラブ

Writerサッカークラフト編集部

2019シーズンより新制度の導入が決定

Jリーグは11月20日に開催された理事会において、2019シーズンより、外国籍選手枠の拡大ホームグロウン制度の導入を決定した。(※2019シーズンはJ1リーグのみ導入)

新制度によって、これまでの各クラブのチーム強化方針に転換は生じるのか!?

Jリーグ理事会で主な決定項目

  1. 外国籍選手の出場は最大5人までに(J2とJ3は4人まで)、登録は無制限
  2. アジアサッカー連盟(AFC)加盟国枠の撤廃
  3. Jリーグとの提携国の国籍の選手は外国人枠に含めない(存続)
  4. ホームグロウン制度の導入


1/4 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。