写真 :Getty Images

ラファエル・ファン・デル・ファールトの引退

かつてトッテナムでも活躍したオランダの名手、ファン・デル・ファールトが現役引退を表明しました。現在の所属選手ではありませんが、僕がスパーズを見始めた頃の中心選手でしたので是非

キャリア最大の後悔は・・・

若い頃から注目を集めていたオランダの至宝はアヤックス、ハンブルガーと国内では順調にキャリアを積み上げ、2008年にレアル・マドリーに移籍を決めました。オランダ代表でも中心選手の一人であったにもかかわらず思うように出番が得られない時間が続きました。そして2010年夏の移籍市場、スパーズお得意のデッドラインデーの交渉にて800万ユーロで移籍が決まりました。今思えばすごい値段です。当時の相場はもうわからないけど、今だったらヤンセンでもそのくらいするかもしれません。

あの頃は今のようにスパーズの試合を毎試合追えるような環境は整っていなかったけれど、今とはまた違って魅力的なメンバーでした。ルカ・モドリッチ、ギャレス・ベイル、アーロン・レノン、そしてファン・デル・ファールト・・・

主にラフィーのポジションはトップ下、記憶が曖昧だけどあの頃はフォワード不足に悩まされていた頃だったと思います。ベルバトフ、キーンのツートップが一緒に抜けてから、安定して点を取ってくれるFWがいなかった時代、デフォー、パブリチェンコ、アデバヨールあたりでしょうか。あとクラウチもか忘れてた。そんな中、点を取りまくっていたのがラフィーでした。ちなみに当時はようやく上位に食い込み始めた頃、ギャレス・ベイルの覚醒付近です。

運動量豊富でとにかく走っている。試合から消えている時間が長い。でも大事なところで点をとる。そんな印象の選手です。先入観とは違い、想像的なプレーをするファンタジスタって感じじゃないんだよなあ。今の所属選手だとラメラみたいな感じかも。いや違うか。忘れてください。



1/2 ページ


転載元:
http://spursnavi.com/news-084/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。