写真 :Getty Images

意外な選手もランクイン!?現役Jリーガーのインスタグラム事情

Writerサッカークラフト編集部

先月遂にサッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドが個人アカウントとして、インスタグラムのフォロワー数世界一の1億4,500万人となった。

クリスティアーノ・ロナウドの他にも数多くのサッカー選手がインスタグラムの個人アカウントで多数のフォロワーをもち、試合での活躍や日常生活の一部を世界に発信している。そこで今回、現役Jリーガーのインスタグラムを調査し、上位10選手をランキング形式で発表したい。(※フォロワー数は2018/11/14時点のもの)

10位 ジェイ・ボスロイド
(北海道コンサドーレ札幌)

フォロワー数:20.3万人
更新頻度:★★★★

元イングランド代表FW。2015年にジュビロ磐田に移籍。昨年からは北海道コンサドーレ札幌に加入し、好調なチームの攻撃の核となる。試合動画や練習風景が主な投稿内容。

 

9位 ビクトル・イバルボ
(サガン鳥栖)

フォロワー数:22万人
更新頻度:

昨年サガン鳥栖に加入した元コロンビア代表FW。今期はシーズン途中に左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、現在は登録抹消中。

 

8位 ミチェル・ランゲラック
(名古屋グランパス)

フォロワー数:22.4万人
更新頻度:

今期より名古屋グランパスのゴールマウスを守るオーストラリア代表GK。来日前はドイツやスペインのクラブに所属しており、ドルトムント時代には香川真司とも共にプレー。最近は美人妻との間に子供が生まれたようで、その様子をインスタグラムでも投稿している。

 

7位 ジョー
(名古屋グランパス)

フォロワー数:38.3万人
更新頻度:

約14億円の移籍金で名古屋グランパスへ加入した元ブラジル代表FW。昨シーズンはブラジルリーグで得点王を獲得し、今期も低迷するチームの中で一人気を吐き、得点王争いを演じている。自身のゴールシーンを中心に投稿、たまにチームメイトとの食事風景などをみることができる。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。