写真 :Getty Images

日本代表の弱点はキーパーと得点力不足以外にもある?

フォワード陣の得点力不足

日本にストライカーと呼べるフォワードがいたのはメキシコ五輪の得点王であった釜本選手の時代までさかのぼらなければならないでしょう。それ以来日本代表は得点力不足に悩まされています。

日本が世界に誇ったストライカー【釜本邦茂】

サッカー日本代表の歴史の中で生粋のストライカーはメキシコオリンピックで得点王を獲得した釜本邦茂選手しかいないでしょう。今ではほとんど映像は残っていませんが、右足のキャノン砲レベルのシュートを防いでも左足でも普通に得点を決める当時のプレーはまさに得点マシーンでした。

現在の日本人フォワードは万能型が主流

近年の日本人フォワードは器用でいろいろなことができます。大迫選手の半端ないポストプレー、岡崎選手のチェイシングなど・・・
しかし、最も重要な点をとるという点では今でも世界のトップレベルから見ると見劣りしてしまいます。器用すぎるがために万能型となってしまい、最もディフェンスが恐れる得点という面ですこし寂しいかな?日本代表が世界のトップに食い込むには圧倒的な得点力持つかつてのフィリッポ・インザーギのようなフォワードが必要でしょう。

パスの美学にこだわりすぎる

ブラジルをお手本としたテクニックとパスをつないで相手を崩すというサッカーを目指した結果、日本代表の選手たちはスルーパスをきれいに通すパスの美学を追い求めている時代がありました。今では点を決めなければ評価されにくい海外で戦う選手が増えたため、この部分は改善されつつあります。

司令塔タイプが増え過ぎた日本サッカー

日本代表の最も人材が豊富なポジションと言えば攻撃的ミッドフィルダーのポジションでしょう。最近では得点力も併せ持つ選手も増えましたが、かつて中村俊輔選手、中田英寿選手、小野伸二選手、小笠原満男選手などパスやテクニックがすばらしい選手が増え過ぎた時代がありました。

日本代表の守護神不在とゴールキーパー不足

ここ数年出顕著にあらわれた日本代表の弱点と言われるゴールキーパー不足と正守護神の不在。これは現在の日本サッカー界の最もはやく解決するべき最重要課題だと言えます。

Jリーグを支配する外国人GKの影響

現在のJリーグには鹿島アントラーズのクォン・スンテ、川崎フロンターレのチョン・ソンリョン、名古屋グランパスのランゲラック、セレッソ大阪のキム・ジンヒョンなどたくさんの外国人ゴールキーパーが在籍し、レギュラーとして活躍しています。ゴールキーパーは自国で育てるという方針が強いサッカー界において今のJリーグの状況は日本人ゴールキーパーの強化に大きく影響しています。

川口ー楢崎と川島ー西川という関係

かつての日本代表には川口能活選手と楢崎正剛選手というゴールキーパーがレベルの高い守護神争いを行っており、良いライバル関係がレベルを高めるという好循環を生んでいました。近年では、川島永嗣選手と西川周作選手の守護神争いがありましたが、パフォーマンスを落とした西川選手に対して海外経験が豊富な川島選手の圧勝と言う印象で決着してしまいました。そしてその川島選手が日本代表の弱点と言われてしまったロシアでの戦い・・・
日本人ゴールキーパーの育成は日本サッカー界の最重要課題でしょう。



1/2 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2018/10/24/post-1064/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。