写真 :Getty Images

アジア杯に向けた森保ジャパンメンバー候補一覧

新生日本代表である森保ジャパンの最初の大きな大会であるアジアカップ2019に向けたサバイバルがすでに開始されていますが、ここでUAE、ドバイで開催されるアジアカップ2019に向けた日本代表のメンバーの予想をしてみようと思います。

(※予想は2018年10月12日キリンチャレンジカップパナマ戦終了時点の予想です)

日本代表アジアカップ2019監督

当確 森保一
候補 なし
大穴 ベンゲル、ドナドーニ

アンダー世代である東京五輪日本代表監督とA代表監督と言う兼任を行っている超多忙を極める森保監督ですが、今のところとくに不満の声は聞こえていません。
ロシアワールドカップ出場国であるコスタリカとパナマという中堅国に2連勝の上々のスタートをきり、若い世代をテストして頭角をあらわしていることを考えてもアジアカップ2019の日本代表監督は森保一監督で当確でしょう。

日本代表アジアカップ2019ゴールキーパー

当確 なし
候補 東口順昭、西川周作、権田修一、シュミット・ダニエル、中村航輔
大穴 飯倉大樹、川島永嗣

現在の日本代表の最大の弱点とも言われているゴールキーパーと言うポジション。当確メンバーのいないポジションでもあり、とびぬけた選手もいません。
個人的には横浜Fマリノスの超攻撃的サッカーの起点である飯倉選手などに興味がありますが、一発勝負のトーナメントではやはり不安なのでしょうか?経験と言う意味では川島選手の復帰もありか?

日本代表アジアカップ2019センターバック

当確 吉田麻也、槙野智章
候補 昌子源、植田直通、冨安健洋、三浦弦太
大穴 奈良竜樹、板倉滉

ロシアワールドカップメンバーでもあった吉田選手と槙野選手はアジアレベルではすでにトップクラスであり、ケガさえなければ選ばれるでしょう。
吉田選手には次のワールドカップに向けてキャプテンを任せてもいいのでは?そこに次世代の昌子選手と植田選手が加わってしまうとすでに4枠が埋まってしまうが、東京五輪世代の冨安選手や板倉選手も実力をつけてきている。
どの選手が組んでもアジアレベルではある程度安心してみることができるでしょう。



1/2 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2018/10/13/post-1047/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。